DIARY

乳酸菌の力でポッコリお腹を改善しよう!!

日ごろから’乳酸菌’という言葉はテレビの特集・CMや雑誌などでもよく聞く、なじみのある言葉だと思いますが、よく考えると菌なのですよね。

菌と聞かれると、ばい菌など体内で悪さをするように思えていい菌だとは思えませんが、でもこの乳酸菌は私たちの体を助けてくれる有用な菌。

では一体どういった助けをしてくれる存在なのでしょうか。

 

●そもそも乳酸菌とは何か?

 

乳酸菌とは、自然界や空気中や体内などあらゆるところに生息しており、特定の細菌ではなく、生育に必要なエネルギーを得るために糖類(炭水化物)を分解して乳酸をつくる細菌。

種類もたくさんあり、約100兆個もあり、さまざまな形や色をしています。

腸内にすむ細菌のバランスを整えることにより、健康にも役立っています。

健康な腸内では乳酸菌のような善玉菌が悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌優勢の状態がいい腸内環境です。逆に悪玉菌(ウェルシュ菌など)が増えて腸内環境が乱れると、軟便や便秘を起こすことになります。

他にも、チーズやヨーグルトやみそなどの発酵食品を作るうえでも欠かせない大切な菌です。

例えば、牛乳をそのまま置いておくと腐敗してダメになってしまいますよね。

ですが、牛乳に乳酸菌を加えることにより、乳酸菌が糖類を分解して乳酸発酵をさせてヨーグルトにすることにより、日持ちしたりするのです。

 

 

 

 

●ぽっこりお腹も乳酸菌が足りないせい?

 

乳酸菌やビフィズス菌が糖類を分解して生成する乳酸や酢酸といった有機酸が大腸を刺激し、蠕動(ぜんどう)運動が促がされて便通が整ってきます。

不規則な生活習慣や、偏った食生活などによって、ぽっこりお腹になった場合も、乳酸菌のを積極的に摂取することにより、腸内環境をよくしてくれます。

さらに、便秘改善にも役立ててくれます。

 

 

●乳酸菌が不足するのはなぜ?

 

人間や動物は、今まで自然の物を食べることにより、乳酸菌を自然に摂取してきましたが、最近の食べ物は、保存期間を長くしてみたり、いいものを作ろうとして加熱殺菌処理や防腐剤のような添加などがおこなわれ、それにより有益な菌の乳酸菌までもが除かれてしまっているのです。

他にも、乳酸菌はとっても繊細な菌で、仕事や人間関係によるストレスで減少することもあります。

 

 

 

 

一度にたくさん摂ればよいというわけではありませんので、毎日の食事の中で一品でも取り入れて腸内環境をよくし、健康につなげましょう。

 

 

極月スタッフ 野田

~華やぐ梅ごころお買い求めはこちら

~極月公式HPはこちら

 

カテゴリー