DIARY

三つの『くび』をあたためて、血行をよくしよう

■三つの『くび』とは?

 

人間には、三つの『くび』があります。

それは、首・手首・足首 です。

三つともとても重要な『くび』です。

 

■なぜ三つの『くび』をあたためるの?

 

「首」のまわりの皮膚は他の皮膚と比べて薄く、太い動脈が皮膚に近いところにあるので気温の影響を受けやすいのです。

そのため「首」が冷えてしまうと冷たい血液が全身へ流れ、体全体が冷えてしまいます。

逆に温めることで血行がよくなり、全身に温かい血液をめぐらせることができます。

3つの首を温めて冷えの対策に役立てましょう。

 

 

■三つの『くび』が冷えやすいのは、なぜ?

 

首…

 

 

特に首を通っている動脈は太いため、ここをあたためるだけで全身にあたたかい血を巡らせることができます。

また、首には寒さを感じる「冷点」が多いため、首をしっかりとあたためて寒さを感じにくくするように気を付ける。

首を冷やすと、肩こりや首こりの原因にもなります。

 

 

手首…

 

 

手は末端に相当し、よく冷えは手足の先から来ます。

ヒトの身体は、血液を送る順番が決まっていて内臓に血液を集めようと働きます。

そのため、寒くなると末端である手には血液が行きにくくなり冷えてしまいます。

「末端冷え性」のヒトは手が冷たくなりますよね。

これは寒さで血管が収縮し、血流が少なくなるからなのです。

 

 

足首…

 

 

足は「第二の心臓」と言われるほど大事な部位です。

足首は、心臓から遠いため血液の流れが滞り気味になります。

そうすると、血液量が少なくなり血行が悪くなり冷えます。

 

 

■三つの『くび』を冷やさない対策

 

首・・・マフラーやネックウォーマーを巻いて、寒さを感じないようにする

手首・・・手ぶくろをつける 

     冷えてきたらカイロであたためる

足首・・・長い靴下(くるぶしが隠れる)を履く

     ブーツを履く

     お風呂でも温める   

※寒さ対策だけでなく、血行が良くなるようなマッサージやストレッチも取り入れる

 

 

 

冷え症や、末端冷え症でお悩みの方は多いと思うのですが、とにかく冷えやすい部分を気にしながらあたためる。

それが、三つの『くび』ということが分かりましたね。

あたためて血行を良くして健康な身体をめざしましょう。

 

 

極月スタッフ 山中

~華やぐ梅ごころお買い求めはこちら

~極月公式HPはこちら

カテゴリー