DIARY

南高梅を作られるにはミツバチの活躍が必須

●南高梅とミツバチの関係

 

梅の花は1月下旬~2月頃に咲きます。

満開の梅の花はとってもキレイでみとれてしまいます。

 

この頃にはミツバチが蜜を求めて梅畑のあちらこちらで

ブンブンと飛び回ります。

南高梅は、自家受粉ができないため、多種の梅を近くに植えて、

その花粉で受粉させます。

その時に、活躍してくれるのがミツバチなのです。

蜜や花粉を求めてやってくるミツバチなどが花粉を運んでくれて、

結実させてくれます。

 

●ハチが飛んでくれる条件

 

 

ハチが飛んでくれるには条件があるのです。

気温が12度以上でないと活動してくれないなど、

寒すぎるなど、風が強すぎる日は活動してくれません。

それと、晴れた日中にしか、飛んでくれません。

その為、ミツバチの巣箱をレンタルして梅畑に置く

事もあります。

 

この時期にミツバチが活動してくれないと、

結実に悪い影響を与えます。

今年も活躍してくれることを

願っています。

 

極月スタッフ 野田

~華やぐ梅ごころお買い求めはこちら

~極月公式HPはこちら

現在、バレンタイン限定パッケージで販売中‼

チョコみたいな梅サプリ

 

カテゴリー